KIRIYA
WAY

使命『安全性を特徴とする色素で文化を創る』

我々は1921年の創業以来、メーカーとして培ってきた当社のコア技術である「食用色素」と共に発展してまいりました。

この「食用色素」を通して、日々革新する色彩の文化を支えることが我々の果たすべき役割であり存在意義であります。

『Japanese Characteristic Food Colour Chemist ガリバーであり続ける』

特色ある食用色素メーカーとして世界中から信頼される存在であり続けます。

独創的な価値観を大切に、面白い技術・製品を探求してまいります。

正道を歩み、全てに感謝し、幸せな明日を信じることを継続してまいります

価値『未来のあるべき姿を問い続け、社会のニーズを捉えて社会課題を解決する』

開発:1000の失敗を糧に3の成功を掴みとる情熱と、培ってきた技術を融合させて新たな色彩の可能性を提案してまいります。

製造:安全を最優先に、創意工夫とネバーギブアップの精神で生産性の向上策を考え続け、盤石な生産基盤を構築する不断の努力を

         継続してまいります。

営業:未来から数年先のやるべきことを考え、仕入先様、弊社、お客様すべてが幸せになるよう、製品・サービスを提供させて頂きます。

コーポレーション:安全とコンプライアンス(法令順守)を基礎として、社員がプライドをもって組織文化や事業の改革に取り組む

                           環境を創ってまいります。

KIRIYA
Philosophy

海外に仕入・販路を持つ当社では、言葉も文化も異なるお取引様がいらっしゃいます。全社員が使命・志・価値という経営理念を実現するために、「KIRIYA Philosophy」を行動指針としています。

●自他共生(受けた幸福を他者様に繋げていく)

●三方善し(買い手様・売り手様・世間様、皆さま幸せになるよう努力する)

●忍耐努力(知性を磨き、礼節を尊び、実行力を養い、弛まぬ情熱の魂を燃やし続ける)

経営方針

●化学的・科学的・食品学的アプローチによるユーザー様商品の付加価値創造

●食品分野から一般工業用を含めた全方位の分野向けに製品開発ベクトルを転換

●情熱と技術を結合させた、熱い血の通った経営活動の継続